ご挨拶
ホーム > ご挨拶

ご挨拶

石河先生  大阪市立大学医学部附属病院は、2014年4月に公立大学法人として全国で初めて健診事業を行う施設である先端予防医療部附属クリニックMedCity21を「あべのハルカス」21階に開設しました。
 医学部附属病院が有する研究・解析力により健康(未病)状態から病気へと移行する因果関係を探り、それに基づく新診断法、治療法やバイオマーカーを開発して予防医療の推進に寄与して参ります。
 同時に受診者の同意のもと健診データ、血液や尿、遺伝子などの生体試料や遺伝子情報などを貯蔵管理するバイオリポジトリ(バイオバンク)の整備を目的とする機関も立ち上げました。
平田先生  MedCity21では大学病院の持つ専門性の高い人材と高度先進医療を活かした健診及び診療を行います。健康寿命の延伸を望む声が高くなっている今日、人間ドック・健診事業による予防医療を推進し疾患を未病段階でとどめる必要性があります。
 おもに5大疾病(がん、脳卒中、心臓病、糖尿病、精神疾患)や生活習慣病などの早期発見・早期治療を行うことで予防医療の実践を目的に人間ドックを中心とした健診事業を実施します。また診療部門としてレディースクリニック(産婦人科・皮膚科)や特色のある専門外来を併設します。
人間ドックにより疾患が見つかった場合は大学附属病院や地域医療機関と連携し早期治療に向けたフォローを行い皆様の健康づくりに取り組んで参ります。

安心の医療ネットワーク

MedCity21は、母体たる大阪市立大学医学部附属病院はもちろんのこと、地域の医療機関とも密に連携し、治療などのフォローアップを実践します。

医療連携のイメージ図

安心の医療ネットワーク